若狭小浜小鯛ささ漬 が地理的表示産品に登録されました

ささ漬

平成29年11月10日、農林水産省は「若狭小浜小鯛ささ漬」を地理的表示(GI)として、特定農林水産物等の名称の保護に関する法律(地理的表示法)に基づき、登録(登録番号第45号)しました。

小浜は古くから鯛漁が盛んで、大消費地の京都に近いという立地から、保存性を有しながらも生魚に近い風味を持つ小鯛ささ漬の製造技術が明治時代に確立しました。小鯛を三枚におろし、骨を取る作業は、機械化することが困難で、生産地の熟練した技能者により品質が支えられています。

わさび醤油をつけて刺身として召し上がって頂いたり、寿司飯とも相性が良いので、ちらし寿司の具として、手まり寿司の具として使って頂いても美味しく召し上がれます。

今回、登録されたことにより、商品にGIマークをつけられるようになり、さらなる認知度アップや販売数アップが期待されます。

 

広告